ブランシュたかやまスキーリゾート

ブランシュたかやまスキーリゾート
〒386-0601 長野県小県郡長和町大門3652

BOSSのつぶやき

シーズン最終日の感慨

2017年4月2日

12月10日から始まった今シーズンも4月2日本日をもって終了です。今シーズンも降雪の少ない12月1月、しかし温度の低い日が多く、人工降雪機がフル稼働、大変ではあったが良いゲレンデが出来ました。

昨年は雪が少なく、又温度も高く大変苦労したシーズンでした、しかしこまめに雪作りをし、他のスキー場に比べ良いゲレンデだとお褒めの言葉をいただきました。その辺を評価して戴いたせいか今シーズン新しいお客さまも増え、嬉しく感謝します。

今シーズンは多くのお客様に喜んで戴けたと思います。わんパークでそりや雪遊びを楽しんでいる笑顔、山頂から美しい山々を指さす笑顔、シニア倶楽部に登録されお仲間ができた笑顔、レストランでの歓談の笑顔、スキーだけの世界で山頂から山麓まで皆様の笑顔があふれていました、もう一度スキーの楽しさ、気持ちよさを共有できたと思いました。

そう!スキー場って楽しいところなんです!我々ブランシュのスタッフは皆様の笑顔が一番のご褒美です、もっともっと楽しい雪山を作って行けたらと思っています。

今シーズン皆様に励まされありがとうございました、大変良いシーズンを終えることが出来ました。来シーズンも頑張ります、応援よろしくお願いいたします。またまた来シーズン、お会いしましょう。しばしのお別れで・・・

こんなに良いお仲間が出来たので夏のイベントご案内も考えております、つぶやきも続けます。

またまた( ^ω^)・・・

ブランシュのホットワイン、レシピ

2017年3月25日

本日感謝祭にシーズンの感謝を込めてホットワインサービスを行いました。シーズン中何度かやったのでいつも喜んでもらっています。今日のお客様にレシピ教えてよホームページに載せてなんて言われ調子に乗って書いてます

本日のホットワインはドイツやオーストリーなどヨーロッパのクリスマスの定番、みんなで飲む「グリューワイン」を私流に作りました。昔オーストリーのスキー場での体験、リフト乗り場辺りにスタンドバーがあり暖かいワインを外で飲み、体と心を温めた経験が忘れられずブランシュでもとやってみました。

作り方は赤ワイン(うんと安いものでOK)を20%の水で割る(物足らない人は基のままで、今日は薄くしました)にリンゴ、オレンジ、砂糖(はちみつ)、シナモン、八角(グローブ)を入れ沸かして熱々にしました(寒いゲレンデとアルコールを飛ばしました)個人でやるときは沸騰させない方が・・・

みんなでワイワイBBQなどの時は良いですよ、アウトドアパーティーなどでぜひお試しあれ!

 

うれしい雪、驚きの雪

2017年3月24日

3月になりとても太陽の光が強くなった、ぼちぼち桜の便りも聞こえ今年のシーズンもあとわずかとどこかホンワカしていたら、21~22日にかけゲレンデは25センチ位降ったかな、まだまだ冬だった。

おかげで2月上旬の様なゲレンデになってしまいました、いやー参った参った。今日ゲレンデやレストランでお会いしたお客様に4月2日の終了を伸ばすのですかとの問い合わせ。実はどんなに雪があっても今シーズンは伸ばせません。

電気が7日で切れてしまいます、スキー場の通電契約は11月10日から4月9日なんです。したがってこれ以上伸ばせないのです。一か月分の通電料を持っていただければ伸ばしまーす、一人で貸し切りなんてどうでしょうご相談くださ~い( ^ω^)・・・

さていよいよ2017シーズンも残り少なくなってきました、皆様のご支援で大変良いシーズンで終われそうですがまだまだ気を緩めず最後まで頑張ります、もう一度お会いできれば幸いです。see you again  ♡

WBCにくぎづけ

2017年3月18日

ワールド・クラッシック・ベースボールことWBC凄かったです、最近とんと野球など見なかったのに今回は最初から最後まで固唾を飲んで観てしまいました、それにしてもハラハラドキドキ力が入りましたねー!プロの選手が高校野球の試合のように全員で頑張っている姿が見るものを感動させてくれました、筒香選手の体制の崩れない打撃と力強い打球、菊池の守備、ピッチャーはほとんどの選手が150キロ以上のストレートと切れの良い変化球すごい、千賀選手なんて今まで知らなかった失礼しました。お見事あっぱれ、・・・

普段は敵味方でもオールジャパンで一体になって協力して戦う、なぜこれが原発事故や震災復興時にできないのかなー、政府頼んますよホントに!

スキー業界も他人事ではないか!スキー場、メーカーも、広報もバラバラ。程度の低い競争に開けくれているのがなさけないですねー。S協会もS連盟も指導力も吸引力もないし、みんなで盛り上げないと、難しい顔をしてないでキラキラ輝く楽しいスキー場にしないと。ブランシュは皆さんの力をお借りしてもっと楽しいスキー場にしたいなぁ  「真冬の夜の夢」

だんだん良くなるスキー場(Hope)

今シーズンも3月中旬、あと半月になりました。でもまだまだブランシュはトップシ-ズンのゲレンデ状態、ここの所朝晩の気温が低いので緩みません。又イベントも盛り沢山、本日は第一駐車場ゲレンデではちびっこわんパーク親子運動会開催、第二駐車場ゲレンデでは今日明日静岡スポーツショップシラトリ様の試乗会,会員制ですが一般の方も身分証明ができればOKですって。20日(祝)はスプラッシュゲーム、21日(火)は中島茜のシニアの為のトレーニング、22日(水)スキー上達レッスン(有料)。25,26(土日)今シーズンの感謝感謝の感謝祭、スタンプラリーや私手作りホットワイン(大げさな!)など4月2日まで99里をもって半ばと思い最後まで頑張りま~すのでよろしく。

今シーズン決して雪も多くなくゲレンデ作りは大変でしたが、まずまずのコンディションを保てました。ファミリーのお客さまも多くなり下部ゲレンデはとても賑やかになりました。又シニアの皆様もシニア倶楽部の入会を含め満足していただいた様で、リピーターの方は勿論新しいお客様の顔も多く見受けられます、おかげさまで大変良い成績になりそうです、これも皆様の応援のおかげでありがとうございます。

前・今シーズンといろいろ新しいことを始めました、予算の関係もあり目に見えて大きな投資は難しいですが細かいことをいろいろ工夫しているつもりです、レストランのメニューなんかも工夫してます、もっともっと頑張らねば、新しいチャレンジには成功と成長しかない、失敗はないと信じて・・・・・

 

シニアの祭典「ブラたか祭り」

2017年3月4日

3月1日ブラたか祭りを開催しました。今回はシニア倶楽部会員様にダイレクトメールを配送しご案内しました

内容はエレガントスキーレッスン・・スキーはポジションが良ければ力はいらない、エレガントで安全なスキー。スノーシューで山頂から林道を歩く。アルペンウオーカー・・・歩く滑る両用スキーで林道ツアーなど参加型のイベントと、アウトドアのコーナー・・・簡易ストーブがあるインディアンテントや焚き火を囲んでのスキー談義。そこでホットワイン、コーヒー、鹿肉バーベキューなど楽しみました。

スキー場でそんな事を・・? 今までスキー場って楽しかった!勿論スキーを滑る醍醐味、爽快感は素敵なものですがこれってスキーの上手な人向きの様な気もします。ファミリーが楽しいのは遊び場が有ったり、レストランが楽しかったりとスキー以外も楽しい。シニアもスキー場をもっとエンジョイ。ゆったりしたり、アクティブに楽しんだり、そんなスキー場が欲しいな~。 個人的には海外のスキー場のようにデッキで日向ぼっこをしながらビールを飲みたいな~ それぞれの人がそれぞれのペースでブランシュを遊んで戴ければと思います、そんなスキー場にしたいと思います。

さて ブラたか祭りにカメラが沢山、フジテレビ「直撃Liveグッティ」高橋克実・安藤優子で全国放送{シニア世代に大人気のスキー場その理由?}他 abn長野朝日放送、SBC信越放送ニュースワイド、NBS長野放送みんなのニュース、信濃毎日新聞に掲載と多くで案内されました。元気なシニアがいっぱい、スノボーがいない、静かなスキー場(音楽がない)、シニア俱楽部での講習や交流、ドクターパトがいる、年齢に合わせての生涯スポーツ、などブランシュのシニアに向けての考えを紹介されました。

報道に負けないよう努力が必要、今後手ぶらでスキーレンタルの充実、道具の相談や試乗して購入できるスキーショップ、シニアレッスン、レストランの改装などすぐやりたいと思います。

微かな春のサイン

2017年2月28日

真冬日が続いたブランシュ周辺も昼間は暖かく太陽の光が強くなりました。三寒四温の変化に付いて行くのが大変な今日この頃、微かな小さな春を感じる風景が我が家周辺にありました。

一つはベランダの餌場のリスとウソ。リスは冬中来るのですが先週から暖かくなったせいかウソが来るようになりました、ウソと言う名前は「噓」ではなく口笛を意味する古語「うそ」から来てヒーホーと口笛の様な鳴き声を発することから名付けられたそうです、スズメより一回り大きく赤いほっぺが大変可愛く愛らしい鳥です、毎年楽しみにしています。

でも名前がウソはどうかな~ ほっぺほんのりピンクの化粧に騙された若い日の経験を思い出して・・・ちなみに江戸時代には「うそひめ」と呼ばれることもあったそうな。

もう一つは蓼科山にかかる傘雲がまるでUFO、いつもは山頂がテンガロンハットをかぶった様な雲がかかり、天気が崩れる前兆ですが、この日はあまり崩れませんでした。季節は確実に進んでいますがスキーシーズン真っ盛り、温度が低いブランシュも多少暖かくなり気持ちの良いコンディションです。

 

 

世界最軽量スキーとお客様ありがとう

2017年2月26日

25日、26日晴天。多くのお客様が良いコンディションの中楽しんでいます。今日は東京都のプライズテストやジュニア検定、スタンプラリーで商品獲得、アイスクリームの早食い競争など、にぎやかで楽しい一日です。おかげさまで昨年よりはるかに多いご来場でありがとうございます。

ところでHEADステーションに先日入荷した世界最軽量と言われる・SUPERLIGHT INSTINCT・スキー板を履いてみました、オーストリア製で今年9月以降販売との事。まず片手で軽々持てる軽さにまず驚き、私のスキーの半分ほど(大げさでなく・・・)これはシニアには良いかも。でも軽いスキーはパタパタするのではと試乗してみました。ロマンチック、ファンタジーは問題なし、軽いし曲がるし快適。さてジャイアントも楽々、パノラマ多少固いバーンもずらしの多い私の滑りに快適。シニアには軽さはとても重要な部分、今持っているスキーは片手では重く移動に大変。人生もスキーもこれからは軽いのが一番かな!と思いました、ぜひ一度上部レンタルHEADステーションで百文は一見に如かず、試してみてください、目から鱗が落ちるかも。

追伸 リフトに同乗させて頂いたお客様にいつも良いゲレンデを作ってくれてありがとうと言われました。実は3日前、雪から雨に変わり多少固いバーンになった為、夜中冷えたので降雪し、いつもより念入りに圧雪車ミル掛けをしました。解るんだよなーうちのお客様は、(小さな声でゲレンデコンディションにうるさいお客様が多いんだよね( ^ω^)・・・独り言)。これでは3月も冷えた日は降雪しなければいけないかな、経費がもつかな~、でもでも頑張ります。今シーズンも4月2日まで良いコンディションをお約束します。

ブランシュ天気予報の見方

2017年2月11日

お客様最大の関心ごとにスキー場の天気がとても気になると思います、ブランシュの案内にも晴天率80%などと言っていますがホントですかね~!ホントなんです!それはこの地区に秘密があるのです・・・

私の25年間の体感ですが 長野県は南北に長い県、北信、中信、南信と3地区に別れ気候風土がかなり違います、北信地区は白馬や野沢、志賀高原など長野市北部。南信地区は伊那、木曾、飯田市など名古屋に近い地区。ここブランシュは中信地区、諏訪湖を中心に霧ヶ峰、美ヶ原高原、松本市の地区にあります。

なぜ中信地区は晴れが多いのですか? この地は日本海からも太平洋からも一番遠く日本列島の背筋の様な場所です、ビーナスライン大門峠は中央分水嶺で信号手前白樺湖に降った雨は諏訪湖、天龍川を下り太平洋に注ぎ。大門峠ブランシュ側の雨は大門、依田川、千曲川、信濃川を下り日本海に注ぎます。これで海から遠い事は理解されましたよね。気候的に海の影響を受けにくいところなんです。それが天気とどう関係があるんだい?

海から遠いだけでなく日本海側は北アルプスの山並みが屏風のように立って海からの湿った雪雲に雪を降らせます。したがって北信は多くの雪が降り、それでも残った湿気は菅平高原根子岳辺りにぶつかり雪を降らせます。だからブランシュは晴天率が高いのと、降るのは湿気の少ない雪なんです。太平洋の影響も同じく中央アルプス、南アルプスが有る為夏も湿度の低い地域です。だからエアコンの名前霧ヶ峰~♬ はこんな理由からなんです!

NHK天気予報の長野は長野市(北信地区)の予報、ブランシュを見るのは諏訪や松本が近いです、明日の天気は今日の名古屋に近いかな・・・山の天気は難しいですがその辺を予測して調べてください。80%以上はたしかですよ!

スノーシュー体験

2017年2月7日

来週月曜日13日のシニア倶楽部スノーシュー体験のコースを確認するために、原支配人と歩いてきました。歩いたといってもヘッドステーションから第5リフト左の林の中、林道を試し歩きです。前日の雪で足が潜る所もありスノーシューらしく一汗掻きました、距離としては1キロちょっとですが新鮮でした。13日月曜日はスノーシュー初体験 1時間ほどの無料体験イベント、 第二駐車場レンタルハウス前 10時集合 スノーシューも無料でお貸しします、靴はトレッキングシューズか暖かい長靴の様な物が良いです。 皆さんなんちゃってトレッキング体験いかがですか。

今日は晴天、とても気持ちがよい青空、こんな日は何をしても楽しいものです、普段とちょっと違った時間の使い方は?

私事ですがスキーは二十歳ごろから、東京から夜行で上越石打丸山や大糸線信濃四谷駅(現白馬)から畑道を歩いて八方尾根などの思い出があります。20年ほどブランクがあり、50歳からまたやり始めました。一時は一生懸命やったのですが根が飽きっぽいところがあり、そんな時にテレマークスキーやスノーシューを始めました。テレマークは最初てこずりましたが、違うスポーツだと思う事でとても新鮮でした。私の印象はアルペンは乗用車、テレマークやスノーシューはオートバイや自転車の様な物と感じました。

なかなか新しいものにトライは勇気がいるものですが、機会があったらプライドを横において飛び込んでみると違った景色が見えるかも・・・ 人生いろいろ(^^♪

昔オーストリアの国立スキーアカデミーから来た日本でも有名なスキー教師に、日本人がスキーに向かう姿勢は柔道や剣道の様、スキー道を極める武士のようだと冗談半分本音半分。と言うのはレッスンで腕の角度は何度くらい、隙間は何センチかなど質問にカルチャーショックだったようです。もっと自由に、もっと楽しく、たくさん滑りましょう、それが良い滑りなんだよなぁ・・・と言ってましたよ。

ブランシュでは楽しいことが一杯の場所にしたいと思っています、世代や性別を超え、志も超え、楽しいことが好きな人たちが集う山にしたいですねー 皆様のアイデアをお待ちします。

 

ページの先頭へ